アウトプットから広がる「あなた」の世界

こちらは Everyone Outputer Advent Calendar 2018 の最終日の記事です。 adventar.org

昨日は、takochuuさんでした。 foolish.hatenablog.com

下記1文が印象的で、短い振り返りの中で充実した2018年をおくられていたことが伝わりました。

このようなアウトプットを残せて2018年はとても勉強するのが楽しいといえる年になりました。

私も上記のように勉強するのが楽しく思えるよう、2019年も精進したいと思います。
正直、今年は眼の前のことに必死で、将来楽しくおもえるための下積みという感覚が強かったので...

なんにせよ、最終日の記事を始めていこうと思います!

0.はじめに

本日は、Advent Calender最終日ということで「アウトプットを行うとどうなるのか」をアウトプットを始めたばかりの駆け出し視点で述べていこうと思います。
アウトプットを行うと何を得られるのかを述べることで、「やりたいけど迷っている」方の第一歩を踏み出す後押しができれば幸いです。

ちなみにアウトプット継続し続けた方のものは、下記のてぃーびーさん、びばさんの良記事がありますのでご参考ください。
tbpgr.hatenablog.com
qiita.com

1.アウトプットとは

アウトプットを語るのであれば、まずはそのものを定義する必要があるでしょう。
私にとってのアウトプットは「自身の感情/感覚/経験/状況を言葉にすること」です。
場所は特に限定は必要ないと考えているため、勉強会でのLTやブログである必要はないという立場です*1
つまり、上記で述べた一般的アウトプットのイメージ以外にも「日常で行う会話」「仕事中のメモ」「上司へのホウ・レン・ソウ」などもアウトプットに含むという定義です。

私のアウトプットの定義に近く、より詳細にアウトプットを定義してあるのが下記ariakiさんの記事です。 この記事を沢山の人に読んで欲しかったため、このテーマを選んだ感があります(笑 note.mu

2.アウトプットの経歴

私がアウトプットを意識するようになったのは、2018年の9月です。
その時は、客先に常駐するものの入る案件がなく。上司は案件受注のため営業にでていたため、常駐先で週の半分以上1人という状況でした。
そのような状況であったため、言葉を発する(アウトプットする)機会がめっきりと減り、自身の成長する機会が減ることに危機感を持ったのがきっかけでした。

その後、下記のようなアウトプットをはじめました。

【公でないアウトプット】

  • 自身の作業時間、タスクを管理する工夫を開始

Excelにタスクを書き出し、その作業時間を管理するようになりました。
案件に入っていないものの、上司の案件のお手伝いや技術調査など複数のタスクを依頼されていたため、何に何時間かけたか報告する必要があったためです。 これを続けていく中で、個々の作業にどれだけかかるのかを把握できるようになり、作業時間見積もりを行うことが可能なりました。

  • 後輩とのメンター面談で、彼らに役立ちそうな情報(ブログの記事や技術関連情報など)を共有

これは、単純に自身がそれまで行っていたインプット(Qiita, はてブテクノロジー)で得た知識を共有しただけでした。
ところが、共有・説明するにあたって「なぜ役立ちそう/興味もてそうなのか」をきちんと言語化しないと本人に刺さらないことがわかったため、伝え方を工夫するようになったところ、いつの間にか記事のレビューや技術解説のような形となっていました。
このような活動は本来のメンターの趣旨ではない*2のですが、時折「今日聞いた概念のリンクを共有してほしい」と言われたりすることがあり、彼らに何らかの価値が提供できているようで喜ばしい瞬間があります。
また、このような工夫を行っていることが上司に伝わり年1回の評価面談で「後輩への指導力には信用をおいている」との評価を受けることができました。

【公の場でのアウトプット】

  • Twitter
    9月からTwitterでエンジニアアカウントをフォローすることからアウトプットをはじめました。
    はじめはフォローした人の発信を読み続けていただけでしたが、仕事で学んだことや考えを色々とつぶやくようになったり、発信されたイベントに参加するようになったりすることで沢山の知り合いが増えました。
    これ以降に記載しているアウトプットは、全てTwitterでの活動から繋がったものであり、始めていなければ今の私はいないと思われます。

時々、酔っ払って「○○やりたい。」と呟いては、なんかの機会を得ているのが私ですw

  • イベントの開催&LT
    このAdvent Calenderのコミュニティ「Everyone Outputer」の運営メンバーの1人として11月19日にイベント開催+初LTを行いました。 振り返ってみるとLTもイベントも改善点が多いものになりましたが、参加者の方からのフィードバック、イベントレポートを読み、続けていきたいと強く感じました。
    everyone-outputer.connpass.com

第二回は2月に開催できるように準備を進めておりますので、続報をお待ちください。

  • ブログ
    Advent Calenderに参加するために作成したこのブログですが、これを含めて4本の記事を投稿しております。
    これまで感覚や経験の言語化、特に文章化が苦手だったため、ブログを書くことに抵抗感がありましたが、書いてみた所すぐに読者の方の反応を貰うことができ、「楽しく」なってきました。 1人でも自身の文章に反応を返してくださる人がいると、なんだか自信が湧いてきますね(笑

ちなみに、下記のように言及していただいたきました!嬉しい!!!

iwasiman.hatenablog.com

とはいえ締切駆動で書き続けるのは精神的に負担が大きいので、習慣化ができるようになることが今後の課題かもしれません。

  • 技術同人誌
    上記の作業管理・作業時間見積もりの工夫を親方さんの技術合同誌「ワンストップ見積もり本」第3章に寄稿しました。
    3週間程の間、平日・土日に関わらず経験や感覚を言語化し続けることで生まれた1章、約10Pです。
    作業時間の見積もりをどうやればよいのかわからなかった過去の自分自身に役立つ内容にできた自信はあります。

上記、合同誌は2018年冬コミの2日目、3日目に頒布されるとのことですので、参加される方はお手にとって頂ければ幸いです。
湊川あいさんの絵が表紙となっており、見積もりをキーワードに全20章+付録の盛り沢山の内容となっています。
note.mu

3.そこから広がった「私」の世界

アウトプットを意識し始め行動に移してから、「私」の世界は大きく広がりました。
業務における工夫が業務効率の向上や評価につながり、そこで学んだことを基に公の場でのアウトプットに繋がったのです。

公の場でアウトプットをし続けたことで、知り合いが増え、イベント・コミュニティを知る機会が増え、そのことから様々なチャンスを得ることができました*3

運の良いことにTwitterには、私のようにアウトプットをして世界を広げた人が沢山います。
また、そこでの経験を基にアウトプットをしたい人の背中を押して応援してあげたい人も沢山います。
もし、アウトプットをしたくて迷っている人がいれば、「やりたい」と一言つぶやいてみてください。

「あなた」の世界が広がるかもしれませんよ。

*1:多数の視点でのフィードバックがほしい、締切駆動でアウトプットをするように自身を追い込みたいという場合においては、公の場を借りてアウトプットすることが良いと思います。要は、「アウトプットの目的により、それを出す場所は変わる」という意見であるだけなのです。

*2:メンターの趣旨は、メンティーである後輩の「悩み」や「困りごと」を聞いてあげること。アドバイスや知識の共有はあくまでも副産物。

*3:具体的なチャンスを得たストーリーはこのエントリーをご覧ください。 https://blog.hatena.ne.jp/Aizack/aizack.hatenablog.com/edit?entry=10257846132680833154 aizack.hatenablog.com

2018年Aizackのセイチョウジャーニー

この記事は#セイチョウ・ジャーニー Advent Calendar 7日目の記事です。

adventar.org

昨日は、おりおんさんの記事でした。ご自身のセイチョウを冷静に捉えて、先を見据えられている良い振り返りです。

本日は、私Aizackの2018年セイチョウジャーニーへお付き合いください。
※本記事では、お仕事以外での自身のセイチョウについて書き残すため特に活動していなかった上半期の内容が薄くなります。ご注意ください。

上半期(1月~6月)

  • 1月 前年クリスマスにPairs1で出会った女性に新宿のマンションの1室に連れて行かれて副業講座に誘われたショックから年始にかけて体調を崩す。

  • 同月 会社の同期を誘い、4月の基本情報技術者の勉強会を始める。週1回それぞれの学習状況を共有することでモチベーションを維持するのが目的。

  • 5月 基本情報合格。同期との勉強会を通じて、他人と進捗を共有することや困りごとを話す場がモチベーション維持に役立つことを知る。

  • 6月 ソフトウェアテストの資格であるJSTQB2 Fundation Levelへ申込み。業務でテストを担当することが多かったことから、ソフトウェアの品質を高める・確認する方法を理解したかったため。

  • 同月 PS Storeのセールでペルソナ5(PS4)版を購入。Max12h/dayプレイし続ける謎の集中力を発揮。好きなことなら寝食忘れられるタイプだと再確認する。

下半期(7月~12月)

  • 9月 勉強会3へ初参加。新しいものを沢山知り楽しくなったので、最大週3~4日勉強会やイベントに参加するようになる4

  • 同月 Twitterでの活動を開始。6年ほどアカウントは持っていてもROM専だったので、2018年になって初めてDMの使い方を知る。

  • 同月 トキワの森プロジェクトというコミュニティへ参加。1つのコミュニティで他のエンジニアの方と話す、ともに学ぶことがいかに楽しいのかを知る。

  • 10月 技術書典5へ一般参加。会場での熱量に当てられ、次回も参加することを決める。

  • 同月 酔った勢いで、イベント・コミュニティの主催メンバーの1人として参加、初登壇が決定。ちなみにそのお膳立てをしてくださったのがこの方。私が声を上げた時には日程・会場など基本的なイベントの下地は全て整っていた。

  • 11月 Everyone Outputerというセイチョウジャーニー派生イベントで初主催&初登壇。イベントも登壇も改善点は多いものの、「1回やった」ことが様々な行動のハードルを下げてくれた。
    当時の資料がこちら

  • 同月 冬コミで頒布されるワンストップ見積もり本へ酔った勢いで寄稿を決定。その際、声をかけてくださったのはポッドキャスト生やすでお馴染みのあの方

  • 12月 締切駆動で上記見積もり本の執筆とレビューの実施(レビューは現在進行系)。文章を書く苦しみとともに、かきあげたときの達成感を感じた。ただ、文章の型を知らなすぎるので今後は「書き方」を学ぶ必要がありそうだということも同時に自覚。

  • 同月 複数のアドベントカレンダーへ参加。締切駆動でアウトプットし続ける。元々インプット過多なタイプ5なので、アウトプットすることで振り返りや自身への腹落ちが進むことを自覚した。

今週書いたアドベントカレンダーの記事はこちら aizack.hatenablog.com

aizack.hatenablog.com

私にとっての成長と充実とは?

  • 成長とは?
    自身の課題に取り組んで、それを解決し続けている状態。

  • 成長のため重要なことは?
    自身の取り組むべき課題を見つけ、それをストックしておくこと。
    何も課題やその基となる悩みが無い状態(漫然と毎日を過ごしている状態)は伸び代を広げられないため危険。

  • 充実とは?
    自身の成長を実感し、更なる成長を追い求めてる状態。

  • 充実のため重要なことは?
    成長を実感/自覚するために自身での振り返りや他者からのフィードバックが可能な環境に身を置くこと。
    自分の評価だけ、他人の評価だけという状態では正確な評価ができないため、偏った評価しか得られない環境には身を置かないこと。

まとめ

このように1年を振り返ると、前半戦にいかに暇を持て余していたか、成長する伸び代が少なかったかが自覚できました。
動いていること自体が凄い、偉い訳ではないですが、今思えばとても勿体無い時間の使い方をしているとおもいます。
とはいえ、その頃があるからこそ自身の弱さを自覚し頑張れる今があります。
今感じるこの気持ちを忘れず2019年動くことができれば、より高みへセイチョウできるはずです。
そうなれるように、これからも伸び代を増やす活動を継続していこうと思います。

2018/12/7 Aizack


  1. マッチングアプリを利用してはじめて出会えた女性だったためショックが大きかった。とはいえ、1ヶ月経つ頃にはこの件を会社やプライベートでネタにして様々な人に笑っていただけたので、その経験の供養はできたはず。

  2. ソフトウェアテストに関する国際資格ISTQBの日本版。私が受けたFundation Levelでは、バグが発生する原因・テストをする理由から始まり、具体的なテストの種類まで広くソフトウェアテストに関しての知識や理解を問われた。資格自体にあまり意味はないかもしれないが、そのために学んだ考え方は非常に有用だと感じている。

  3. 初回参加したのはサポーターColabさんで行われたVTRyoさんの講演回でした。内容は「マヨイ・ジャーニー」の後半部分に近いものだったと記憶しています。

  4. 参加するようになったものの、基礎知識が足りないため身につくことが少ないことや体力の不足で体調に影響をきたしたので、現在はMax週2回程の参加に抑えている。元々外交的なタイプではないので、このような外出は精神的にも身体的にも負担が大きいことを自覚した。

  5. ポッドキャストを20本近く購読していることが数えてみて発覚した。

しがないラジオキッカケで行動を始めたら、出会いに恵まれ楽しくて仕方がない話

この記事は #しがないラジオ 2 Advent Calendar 2018 - Adventar 5日目の記事です。

こんばんわ。 本日12/5、19時ごろに下記のような流れで、本アドベントカレンダーに飛び込み参加しました。

元々記事を書く予定がなかったの、練ったお話ではなく、しがないラジオきっかけで始めた1つの行動に関する振り返りを書きたいと思います。

1. しがないラジオでもっとも衝撃を受けた回

今年の9月からしがないラジオを聞き始め、さまざまな回で刺激を受け続けていたこのPodcastでしたが、とくにsp.39bの内容は後頭部を殴られたような衝撃を受けました。

それはゲストであるTakaking22さんがモブプロについて話されていた際におっしゃった以下の発言が原因でした。

  • (モブプロのように)一緒に働くことが、なぜ効率良くないとされているのか?
  • なぜ分担作業の方が効率良いとされてるのか?
  • 分担の方が効率良いと頭ごなしに決めつけるのは思考停止ではないのか?

分担の方が効率良いという明確な論拠は自分の中になかったため、これらが胸に刺さりました。
そして、一緒に働くことによる効率の良さを経験してみたいと思うようになり、新しい働きかたである「モブプロ」に強く興味をもつようになりました。

2. しがないラジオきっかけで始めた行動

上記のように興味を持ったものの、業務では概ね1人客先常駐であったためモブプロを実行する場はなかったため、 とくに行動を起こすことはなく時折「モブプロやりたい」とツイートするだけでした。

しかし、何度か呟いているうちに、あのTakaking22さん御本人にTDDワイワイ会という勉強会を紹介していただきました。

そして、その日のうちにその会に参加を決め、実際にモブプロを体験するという運びとなりました。

結果、モブプロ・TDD1・Rustなどはじめて尽くしの勉強会となり、とんでもない刺激となりました。
また、ずっとやりたかったモブプロを経験できたこととともに、それ以外にも興味を持てるものがその場で見つかり、自分の世界が広がり始めたことを感じました。

たった1つのツイート、勉強会への参加が大きな出会いとなったのです。

3. 行動から得た出会い

そして、上記な行動から連鎖するように「モブプロ」に関して出会いを得ることができました。

まずはTakakingさんのモブプロ紹介資料、

技術書典5に出ていたモブプロの同人誌、

モブプロの体験を綴ったFORTEさんのブログ

さらには、モブプロを社内勉強会に導入したいとお話されていたTaskさんとももくもく会で出会いました。

これらの出会いに関して今思うのは、「モブプロ」というキーワードを持っていない頃であれば、これらの機会をすべて見逃していた気がするということです。
たった1本のPodcastを聞いて興味を持っただけの言葉から、これだけの縁を結ぶことができました。

4. しがないラジオキッカケで行動を始めたら、出会いに恵まれ楽しくて仕方がない話

はじめはただPodcastを聞いてツイートをしただけだったのが、「モブプロ」というキーワードを軸に大きく私の環境を変えていきました。
モブプロを経験し、TDDを知り、その資料や本、経験者の方や同好の士、これらとたった2ヶ月間に出会うことができました。

正直、楽しくて仕方がありません。

お仕事では相変わらず、チームと言えるほどの人数はいないため「モブプロ」を実践することは難しいですが、実は来年社内でのモブプロ勉強会を開催しようと画策しています。

モブプロの勉強会に参加して得た知見、資料から学んだことを軸に社内に新しい働きかたを提案していきたいと思っています。

また、2019年も上記の様な素晴らしい出会いを得る、そのキッカケを掴むために「しがないラジオ」をきき続けていきます!

素晴らしい出会いのキッカケをありがとうございました。


  1. テスト駆動開発(Test Driven Development)のこと。ロジックを書く前にテストコードを書いて、そのテストコードに通るようにコードを書く、その後コードをきれいに修正(リファクタリング)するという流れでテストしながらコーディングする開発技法。国内では、和田卓人さんによる本が有名。私も読んでみたい。

落語とJazzの共通点とその魅力

この記事は、 Everyone Outputer Advent Calender 2018 2日目のものです。

今回は「アウトプットが自由」であることと「多様性」をキーワードに"落語とJazz"について語っていきます!
「アウトプットのハードルを下げる」というコミュニティの方針のため主催メンバーから率先して趣味ネタを投稿しようと思います。

1日目の@a_w_a_n_aさんが野球ネタ予定だったのにいつの間にか変更されていて趣味ネタ投稿の先陣となったのは秘密

1.はじめに

自分が趣味で聞いている「落語」と「Jazz」、どちらも敷居が高い印象を持たれがちで、中々好きだという方に出会えたことがありません。

なので、今回はアドベントカレンダーという 落語とJazzの布教 アウトプットの良い機会があるので、少しでも興味を持つ人を増やせればと思います。

2. 落語およびJazzにハマったきっかけ

きっかけはどちらも漫画ででした。
落語は「昭和元禄落語心中1、Jazzは「Blue Giant」を読んでハマり、その取り扱うテーマへ興味がシフトしたことから聞き始めました。落語が約2年、Jazzは約半年程聞いています。2

ちなみに、落語・Jazzがテーマとなった映像作品はこのようなものがあります。私自身意識するまで気が付きませんでしたが、案外有名な作品がおおいですね。
【Jazz】
スウィングガールズ
坂道のアポロン3

【落語】
タイガー&ドラゴン
ちりとてちん4
しゃべれどもしゃべれども

3. 共通点とその魅力

落語とジャズの共通点および魅力は2つあります。 1つは「多様性」、もう1つは「アウトプットが自由」であることです。
上記キーワードだけではよくわからないと思いますので、次で詳しく説明していきます。

多様性

ここで言う「多様性」とは、1つのジャンル内に色々な価値観をもった作品が存在していることを指します。

落語で言えば、江戸~明治・大正期に作られた古典が存在しながらも、現代の文化や慣習を取り入れた「新作/創作落語」が作られ続けていること。
Jazzで言えばスタンダードナンバーという古典と同時に「Jazz×○○」という軸で現代向けの様々な作品が生まれ続けていることがそれに当たります。

たとえば、スタンダードナンバーはこちら
皆さんのイメージしているジャズっぽさはこちらなのではないでしょうか?

そして、現代向けに生まれたJazzの一例としてのフュージョン(Jazz + ロック +ラテン音楽 + R&B + 電子音楽)がこちら

  • 「We like it here」 Snarky Puppy

このような全くカテゴリが違うように見える、聞こえるものが1つのジャンル内に収まっている。
これはとても興味深いことだとおもいませんか!?
私はこのような「多様」なものが1ジャンルに一緒くたにされているこの感じがたまらなく好きなんです。

アウトプットが自由

「アウトプットが自由」であること。 これは同じ演目/曲目も演じる人によって演出が大きく変えることが許されており、演者が好きなように表現(アウトプット)できていることを指しています。

それはたとえば、おなじ「Fly Me To The Moon」という曲を聞き比べて頂けるとなんとなく理解できるのではないかと思います。

  1. フランク・シナトラバージョン

  2. 新世紀エヴァンゲリオン EDバージョン

同じ曲なのに雰囲気や演出が違っていますよね。

私は、こういった「違いを自由に生み出すことをよし」とするこの雰囲気がとても好きなのです。5
また、それによってジャンル自体が更に多様になり、その多様さから更に自由にアウトプットが出てくるような雰囲気を感じられるのが、私にはとても魅力的に見えます。

4. まとめ

結論 : 落語・Jazzはいいぞ!皆、もっと聞こう!

私は、「多様性」があることで「アウトプットを自由」にすることが許されている落語とJazzの雰囲気が大好きです。
そしてまた、それを聞くことによって自分がそのように「多様で自由な価値観」に触れ続けられてるということがとても気持ちがよいのです。

結局何が言いたいのかというと、
落語・Jazzはいいぞ!皆、もっと聞こう!
ということです。

以上、 Everyone Outputer Advent Calender 2018 2日目の記事はこれにて終幕です。 ありがとうございました。

5.蛇足

このブログを書いている現在、第一回Everyone OutputerLTでお話した技術同人誌の記事を同時並行で執筆しています。 文章を書くのが嫌で逃げてきた私にとってはどちらも放り投げたくなるほど辛いものの、同時にとても楽しいという謎の経験をしています。
「楽しい」と「楽」は同居しない。
真剣に何かに取り組む程楽しいけれど大変なのだということを実感し続けている状況です。

私達Everyone Outputerでは「自由なアウトプット」を応援し、その「アウトプットのハードルを下げる」活動を続けていく予定です。 皆さんの自由なアウトプットをお待ちしております!!

明日12/3のAdvent Calenderはnasrinjp1さんによる投稿です!
どうぞお楽しみに!


  1. 漫画以外にも、アニメや実写ドラマ化されている。そして、ドラマは現在NHKにて放送中。特にアニメは90年台にアニメを見ていた人にはたまらない配役だと思うのでぜひ見ていただきたい。関智一石田彰山寺宏一林原めぐみの並びは深夜アニメのクオリティではなかったですね。主題歌を椎名林檎作曲、林原めぐみが歌うというのもたまりません。

  2. 落語は多い時に2~3ヶ月に1度聞きに行く位、JazzはもっぱらCDやストリーミングサービスで音源を聞く位の初心者です。

  3. 漫画原作でアニメ化、実写映画化もされていたはず。原作漫画の描く「青春」や「初々しさ」は都会の波に揉まれる大人達の癒やしになると思います。オススメです。

  4. 東京の江戸落語ではなく、関西の「上方落語」を描いた珍しい作品。古い大阪や京都の方言で聞く落語の心地よさを覚えた作品でした。

  5. 本当は落語の例も動画等でご紹介したいのですが、なにせ1本が長くなってしまうためよいものが見つかりませんでした。ただ、落語は「名人達による同じ作品の演出の違い」というテーマで本が出版されることがある程、「自由で多様」なのです。